野口英世の千円札に隠されているメッセージ「日ユ同祖論」

前回ドル紙幣のフリーメイソンの暗号についてご紹介したが、実は日本紙幣にも「ある暗号」が示されているのはご存知だろうか?

 

今回は野口英世の1000円札に隠されている暗号をご紹介しよう。

 

野口英世=フリーメイソン?

 

そもそもなぜ野口英世が1000円札の肖像に選ばれたのか疑問に感じた人も少なくないだろう。

 

表向きの理由は世界に誇れる科学者だからというが果たしてそれは本当だろうか?

 

野口英世は黄熱病の研究者として有名であるが、実はその研究は失敗に終わり(失敗とされる理由:黄熱病はウイルスによるものであるが、英世はスピロヘータと呼ばれる細菌によるものであると発表)、自らも黄熱病に感染して道半ばにしてこの世を去っている。そのような人物をあえて紙幣の肖像画に選ぶだろうか?

 

実は野口英世もまたフリーメイソンと深い関わりを持った人物であるが、それが選ばれた大きな要因ではなかろうかと巷では囁かれている。実際野口英世はロックフェラー医学研究所で研究に従事しており、妻はユダヤ系アメリカ人で彼女もまたフリーメイソンだったという。

 

フリーメイソンのトップクラスのロックフェラーとも関係が深い野口英世。彼もまたフリーメイソンだったとしても不思議ではない。

 

それでは本題に入るとして、1000円札に隠された暗号をみていこう。

 

1000円札の暗号

 

 

1000円札の裏側には富士山と湖に映った逆さ富士が描かれているが、富士山と湖面に映る山をじっくり比較して見てみると、両者は全く違う山であることがわかる

 

この湖面に映る山はシナイ山(エジプトのシナイ半島にあり、モーゼが十戒を授かった場所)であるという説が有力視されている。

 

そして次に富士山を透かして見てほしい。これは写真では伝わらないので実際に1000円札を手にして透かして見てほしい。

 

富士山の頂上付近に野口英世の目が重なって映るのがわかるだろうか?

 

富士山をピラミッドに見立て、野口英世の目を「万物の目」とすれば、フリーメイソンのシンボルマークというべきあのマークと重なる。アメリカのドル紙幣にもあるピラミッドのプロビデンスの目である。

 

 

そしてもう一つ野口英世の顔を半分にするように折って、左右を見比べてみると全然顔が違うことがわかる。

 

 

左半分は一般的な日本人の顔で、右半分は掘りの深い欧米人のような顔つきをしているのがわかるだろうか。

 

右半分はユダヤ人の顔として描かれたのではないかといわれているが、恐らくそうであろう。

 

日本の富士山とユダヤ人にとって重要な場所の一つシナイ山が鏡写しのように描かれているのと同様、野口英世の顔にも日本人特性とユダヤ人特性を織り交ぜられているのである。

 

紙幣のメッセージ「日ユ同祖論」

 

これは何を意味しているのかというと、日本人とユダヤ人は同じ祖先を持っており日本人はイスラエルの失われし十支族の子孫だという「日ユ同祖論」という説があるのだ。

 

これは明治時代にあるユダヤ人によって提唱された説で、日本でも戦前から研究されているテーマでもある。

 

日ユ同祖論の詳細は別の記事で書くが、この論は意外と多くのユダヤ人と日本人に信じられている。

 

フリーメイソンの最高位に占める者たちもアシュケナジー系ユダヤ人といわれていて、その中には日ユ同祖論を信じている者もいるようだ。

 

だからこそ、その論をほのめかすような暗号が紙幣に隠されているのだろう。

 

そしてその上にドル紙幣同様にピラミッドのプロビデンスの目も描くことで、日本紙幣つまりは日本経済を手中に収めているというメッセージを放っているのだろう。

 

紙幣(通貨)発行権を握るものは誰?

 

事実、日本紙幣を発行する日本銀行は政府機関と思われがちだが、実際は政府から独立した法人であり、株を発行している。筆頭株主は日本政府(財務省)で55%を所有しているが、45%は公表されていなくそれが問題になっている。

 

一般的な株式会社と異なり出資者は経営に関与することはできないとされているが、それは建前に過ぎないであろう。

 

その45%の大株主が事実上日本銀行を握っている存在で、それはロスチャイルド系のユダヤ国際金融資本だと噂されている。

 

実際は誰がその大株主なのかは闇の中だが、世界の支配者層が握っていることは間違いないだろう。

 

日本銀行は紙幣発行権を持っている。紙幣を発行し、それを国内の市中銀行に利子付きで貸し出し、各銀行が利子付きで民間企業や個人に貸し出す。その利子は末端の我々からどんどん上の方に吸い取られていき、最終的には紙幣を刷っている日本銀行に行き着く。

 

考えてみてほしい。1万円札を刷る費用はたった22.2円なのに対し、それを市中銀行を通して世にばら撒いて、利子付きで回収しているのだ。紙幣発行権を持つものは絶対に儲かる仕組みになっているのである。

 

初代ロスチャイルド家のマイヤー・アムシェル・ロスチャイルドはこう言った。

 

「我に通貨発行権を与えよ。さすれば法律など誰が作ろうと構わない。」

 

イングランドの中央銀行を支配下に置いたネイサン・ロスチャイルドはこう言った。

 

「王座に座って大英帝国を支配する傀儡など、誰でもよい。」
「大英帝国の通貨供給を握る者がこの国を支配するのだ。それはこの私である。」

 

通貨発行権はその国の心臓でもあり、そこを握ることで利率を自在に変えて政治経済を意のままに動かせる。それを証明したのが近代のロスチャイルド家と言えるだろう。

 

アメリカの紙幣を発行するFRB(連邦準備制度)も日本銀行と同じく政府から独立した法人であり、通貨発行権を持っている。アメリカを支配するのはアメリカ大統領ではない。もっと大局的な視点を持つならFRBが頂点に立っているのである。

 

お金を自由自在に且つタダ同然で作り、そのタダ同然のお金を貸して、利子で更に儲ける。

 

このお金のマジックに気づくことが大事である。

 

世界の支配者層はこのマジックで世界を支配しているのだから。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください