始皇帝は中国人ではなくユダヤ人説の真相

始皇帝=ユダヤ人という仮説がいかに真実性があるか検証してみようと思う。

 

秦の始皇帝がユダヤ人とする説は昔からまことしやかに囁かれていた。

 

その説には大きく二つの根拠がある。

 

①それまでの中国文化とは全く異なる帝国を築き上げた→非漢民族

②秦氏(渡来一族)=ユダヤ人説に基づくもの。秦氏は始皇帝の末裔と自ら主張している→始皇帝もまたユダヤ人

 

今回は①に焦点を絞って、秦がいかに非漢民族的であり西アジア的な国家であるかをみていき、ユダヤとの関連性も触れていく。

 

“始皇帝は中国人ではなくユダヤ人説の真相” の続きを読む

南朝ユダ王国のユダヤ人が辿った中国へのルート

北朝イスラエル王国と同じように南朝ユダ王国もまた他国により滅ぼされ、生き残ったユダヤ人(ユダ族、ベニヤミン族、レビ族)は東へと大移動していた。

 

どうやらペルシアを経て中国にまでやって来ていたようである。そこから朝鮮半島、日本へと流れていてもおかしくはない。

 

今回はその南朝ユダ王国の滅亡から中国への東漸の流れを追ってみよう。

 

“南朝ユダ王国のユダヤ人が辿った中国へのルート” の続きを読む

日ユ同祖論と騎馬民族征服王朝説が示す「空白の4世紀」の実態

日本史には空白の100年間がある。「空白の4世紀」「謎の4世紀」と呼ばれる時代である。3世紀の日本の様子を伝える『魏志倭人伝』の後、中国の資料から姿を消した日本列島。

 

しかし考古学的にみると、その空白の時代に突然今までになかった馬具が大量に古墳に副葬され始めたことが判明している。

 

その考古学的な物証と大陸の騎馬民族とを結びつけたのが「騎馬民族征服王朝説」(正式名称:「東北アジア騎馬民族系王朝の日本征服・統一国家(大和朝廷)樹立説」)である。

 

 

その説は簡潔に述べると、大陸の騎馬民族が日本列島に侵略し、天皇として君臨したという内容で、戦後間もない頃に東大教授の江上波夫氏によって提唱されたものだ。

 

歴史の教科書には全く載っていない内容であるために俄かには信じ難い話かもしれないが、この学説は戦後の日本古代史学界に波紋を広げ、漫画家の手塚治虫はそれを題材にして『火の鳥 黎明編』を描いた話は有名である。

 

その「騎馬民族征服王朝説」と当サイトで深掘りしている「日ユ同祖論」はお互い何も関係ない。しかし、両論ともに日本の天皇家のルーツを追求する仮説であり、見方によってはお互い同士が矛盾なく情報を補完し合うように見えてくる。

 

この記事ではその両論を組み合わせて「空白の4世紀」を探っていく。

 

“日ユ同祖論と騎馬民族征服王朝説が示す「空白の4世紀」の実態” の続きを読む

騎馬民族スキタイと同化したイスラエル10支族

アッシリアに征服された北朝イスラエル王国のイスラエル10支族の消息は謎のままである。しかし騎馬民族スキタイと同化したという説がある。その詳細をみていこう。

 

“騎馬民族スキタイと同化したイスラエル10支族” の続きを読む

失われたイスラエル10支族とは?消えた古代ユダヤ人の行方

日ユ同祖論を語るにはまず古代イスラエル王国の歴史と失われたイスラエル10支族の話からしなければならない。まずは古代イスラエル人(ユダヤ人)の神話と歴史から整理しよう。

 

“失われたイスラエル10支族とは?消えた古代ユダヤ人の行方” の続きを読む

野口英世の千円札に隠されているメッセージ「日ユ同祖論」

前回ドル紙幣のフリーメイソンの暗号についてご紹介したが、実は日本紙幣にも「ある暗号」が示されているのはご存知だろうか?

 

今回は野口英世の1000円札に隠されている暗号をご紹介しよう。

 

“野口英世の千円札に隠されているメッセージ「日ユ同祖論」” の続きを読む

1ドル紙幣に秘められたフリーメイソンの暗号を解き明かす

米ドル紙幣といえば第二次世界大戦終結以来、世界の国際的な基軸通貨としての地位を保ち続け、世界経済を事実上牛耳っているものとして知られている。

 

アメリカの独立の象徴としての意味もあるドル紙幣であるが、このデザインをまじまじと見ると奇妙なところが多いことに気づく。

 

ここにもフリーメイソンの数々の暗号が隠されている。どのような暗号があるのかを見ていこう。

 

“1ドル紙幣に秘められたフリーメイソンの暗号を解き明かす” の続きを読む

ロスチャイルドはいかに巨万の富を得たのか。ナポレオン戦争の裏側

現在世界における巨大財閥といえばロスチャイルド家とロックフェラー家が挙げられるだろう。ともにフリーメイソンである両者が世界に与える影響は今も昔も絶大だ。

 

アメリカに本拠地を置くロックフェラー家はもともとヨーロッパに本拠地を置くロスチャイルド家の子分的存在であった。いわばロスチャイルド家のアメリカ支店がロックフェラー家といえよう。

 

ではそのロスチャイルド家は一体いつからどのように勢力を拡大していったのだろうか。その経緯をみていこう。

 

“ロスチャイルドはいかに巨万の富を得たのか。ナポレオン戦争の裏側” の続きを読む

フリーメイソンはいかにアメリカを建国したのか

アメリカ合衆国の建国メンバーの大半はフリーメイソンだった。

 

初代大統領ジョージ・ワシントンもそう。二代目のジョン・アダムズ、三代目のトマス・ジェファーソン、そのほかベンジャミン・フランクリンなどがいる。

 

その後の歴代大統領もメイソンに占められることになるのだが(判明しているだけで15名もいる)、こういうことをいうと都市伝説のようで馬鹿馬鹿しく聞こえがちだ。しかし、移民の国アメリカにとっては人種や宗教を超えた「友愛団体」としてのフリーメイソンは必要不可欠だったのだ。

 

「フリーメイソンなくして、アメリカ合衆国史は語れない」とまで云われている。

 

そのフリーメイソンたちがいかにアメリカを建国していったかの経緯を追えば、フリーメイソン国家としてのアメリカの実像が見えてくるだろう。

 

“フリーメイソンはいかにアメリカを建国したのか” の続きを読む

ナポレオンのエジプト遠征の裏に潜むフリーメイソンの意図

フランス革命後、扇動者であったフランス大東社のメイソンたちは内紛を繰り返し、多くの中心メンバーが失脚していった。

 

フランス全体における主導者が不在で不安定な世情の中颯爽と登場し、フランスの救世主となったのがかの有名なナポレオン・ボナパルトである。

 

今でも英雄視されるナポレオンであるが、実は彼もまたフリーメイソンの一員であったという説がある。

 

“ナポレオンのエジプト遠征の裏に潜むフリーメイソンの意図” の続きを読む